記事

【セルフコーチングのはなし】人は重要なことは体験から学ぶ

「人前で話すのが苦手だ」「営業が苦手だ」「自分に管理職は無理だ」。人は誰しも、苦手意識を持つものがあります。「目の前の聴衆はカボチャだと思え」「営業で断られても気にするな」「あなたなら管理職が担える」と助言されても、なかなか安心できません。考え方、受け止め方を変えるよう言われて

お知らせ

HRX2022出展のお知らせ

弊社は、10月26-28日に東京ビッグサイトで開催される人事の展示会「HRX2022」に出展することになりました。当日は多くの無料セミナーが開催されます。事前お申込みいただければ、どなたでも無料で参加できます。多くの方のご来場をお待ちしています。 お申込みペー

記事

【セルフコーチングのはなし】案ずるより産むが易し

みなさんは、言語と行動の関係について考えたことはありますでしょうか。言語は、私たちの行動に影響を与えます。言語と行動の関係で、ルール支配行動と呼ばれるものがあります。ルールとは、行動と結果を表したものです。例えば、「本を読むと知識が増える」「毎日走るとマラソンが速くなる」「炭水

記事

キャリアコンサルティングの効用

厚生労働省が、「令和4年版 労働経済の分析 ―労働者の主体的なキャリア形成への支援を通じた労働移動の促進に向けた課題ー」を公表しました。本日は、「第Ⅱ部 第4章 第1節 キャリアコンサルティングが労働者のキャリア形成意識やキャリア形成に及ぼす影響」を見ていきます。 労働

記事

新入社員の気持ち

マイナビ転職が、2022年4月の新入社員に対し、テレワーク状況や会社への帰属意識、勤務先での働きがいなどを調査しました。本稿では、新入社員の退職にかかわる項目を見ていきたいと思います。今の会社であと何年ぐらい働くと思いますか?出所:マイナビ転職『2022年新入社

記事

【セルフコーチングのはなし】性格ではなく行動に目を向ける

私たちには、人の個性を「内向的である」「外向的である」などの性格的な特徴で表すことがあります。しかし、セルフコーチング(認知行動療法)では、性格ではなく行動を対象とします。性格的な特徴は、分かりやすいのですが、変わるには大雑把すぎます。セルフコーチング(認知行動療法)は、分かり

記事

若者の離職

新入社員の育成は、昔も今も人事部門が最も力を入れている活動の一つです。環境が大きく変化している現在、世代感の価値観の違いが大きくなっています。これに伴い、新入社員の育成も難しくなっており、多くの人事部門が頭を悩ませています。2020年3月に、労働政策研究・研修機構が、「

記事

【セルフコーチングのはなし】行動は死人にはできない

通常、「行動」とは、動き、動作、振る舞いなどを言います。行動が伴わない、といった表現にみられるように、行動は人の感情や気持ちとは区別され使われます。認知行動療法における行動は、「生きているからこそ自発する反応」を意味します。例えば、「他人に腕をつかまれ高く持ち上げられた」は、自

お知らせ

The Financeの「コラム」に、セルフコーチングの記事が掲載されました

「【連載】金融機関の新しい人材育成―セルフコーチング③ セルフコーチングの理論と実践」が、The Financeの「コラム」欄に掲載されました。セルフコーチングとは、文字通り自分で自分をコーチするものです。セルフコーチングを身に着けることで、問題にぶつかった時、悩んだ時

記事

新入社員の会社観

産業能率大学総合研究所が、「2022年度(第33回)新入社員の会社生活調査」 結果を発表しました。1990年度から継続している調査です。本年3月~4月にかけ、産業能率大学にて新入社員研修を受講した方が対象です。主な調査結果から、Z世代と呼ばれる今の若者世代の価値観を見ていきます