法人のお客様ー人的資本経営

管理職の育成はどうしたらいい?コーチングによる伴走支援で解決

管理職がうまく機能していない管理職が部下に仕事をふれない管理職だが人材マネジメントができない本記事は、企業のこんな悩みや疑問を解決します。上場企業の課長に関する実態調査(第7回)/学校法人産業能率大学総合研究所によると、上司が今後強化したい能

法人のお客様ー人的資本経営

心理的安全性の作り方とは?リーダーとメンバーの取り組み方を説明

2024年5月7日の日本経済新聞に「プラチナになれますか 働きがい×働きやすさ=最強」の記事が掲載されました。働きがいと働きやすさの両方を満たす会社をプラチナと定義し、これからはプラチナ企業を目指す必要があるとしています。働き方改革関連法の施行から5年、残業時間の減少

法人のお客様ー人的資本経営

1on1話すことがない?今のままでは意味ない?組織の成熟度に応じた改善方法を解説

1on1の初期は、業務内容など話しやすいことを話題にします。上司部下の信頼関係が強くなってきたところで、部下のキャリアや本音トークを交えたものに、話題を変えていきます。近年は、在宅勤務の拡がりにより、上司と部下が直接顔を合わせない日が増えました。仕事のコミュニケーシ

法人のお客様ー人的資本経営

エンゲージメントが低い組織。組織と個人の面から向上させるための施策を解説

従業員エンゲージメントを向上させるためには、組織的な対策に加え、各社員が「自己成長の意欲」「ポジティブなマインドセット」「高い自己効力感」を持つ必要があります。一律的な対策が存在せず、これまでは疎かになっていましたが、部下を丁寧に育成する時間や機会が減っている昨今、企

法人のお客様ー人的資本経営

リスキリング何を学ぶ?意味あるものにするために、企業がとるべき施策を解説

※本ページは、アフィリエイト広告を利用しています。企業は戦略的リスキリングと一般社員向けリスキリングを分けて考える必要があります。一般社員向けのリスキリングでは、社員は仕事を通じた自分の生き方を考えることで、必要だと思える学びを見つけます。   Ch

法人のお客様ー人的資本経営

女性管理職が増えるには?「なりたくない」「むいてない」を解消する

女性管理職が増えるには、部下の成長を本気で考える上司と、チャレンジ精神のある部下の両者が必要です。女性管理職に抵抗感のある人が多い中、機械的な数合わせではなく、真に社員の成長を応援する組織が増えることを願います。「女性版骨太の方針2023(女性活躍・男女共同参

法人のお客様ー人的資本経営

国のリスキリング推進。問題と効果を上げるために取り組むべきことは

国がリスキリングを推進しています。新しい資本主義実現会議(第18回)においても、三位一体の労働市場改革の指針(案)が示されました。「キャリアは会社から与えられるもの」から「一人ひとりが自らのキャリアを選択する」時代に変わる必要があるとされています。もちろん学び支援は大事ですが、

法人のお客様ー人的資本経営

人的資本経営、多くの企業がパーパスを明確化。具体的な取り組みは?

国をあげて人的資本経営や人への投資が推進されています。多くの経営層も、今後は「人的資本経営」が重要と考えており、パーパスの明確化に取り組んでいます。一方、変化の必要性は認識していますが、具体的に何をすればよいのか模索しているようです。縮小均衡ではなく、拡大均衡の発想が求められま

法人のお客様ー人的資本経営

人的資本経営の人材育成は?働き手に寄り添ったリスキリングを意識

人口減少、定年後の寿命の延伸、生産性の低下、賃金の伸び悩みと、働き手を取り巻く環境には、多くの課題があります。こうした課題に対処するために、国をあげてリスキリングが推進されています。しかし、現在のリスキリングブームは、必ずしも個々の働き手に寄り添ったものではなく、会社都